I Let Her In

Michael J Downey (c)2006

The rain comes down, I want to hide

雨は降り、僕は身を覆いたい気分。

But she appears, and reaches deep inside.

それでも、彼女はやって来て、僕の心に触れていく。

Where flowers grow, from pouring rain,

彼女は、雨が降り、花が育つ大地。

And her strength, that comes from pain.

痛みを乗り越えられる彼女の強さ。

She starts to sing, I look away.

彼女は口ずさみ、僕は耳を覆う。

It’s real, too real, but I’m captured anyway.

それでも、嘘はつけない、僕は彼女のとりこになっていく。

And I refuse, to giving in.

僕は何とか彼女から逃れようとする。

But somehow, under my skin, I let her in.

それでも、僕の肌が彼女を受け入れてしまう。


When you see the world around you start to crumble.

自分の世界がバリバリと揺れ動き始めたのに気が付いたとき、

And your heroes and your saints, they start to fall.

自分のヒーローも、聖なる偉人も、全て小さく見えてくる。

You were there when I start to stumble,

僕が、どうしていいか分からなくなった時。。。君はそこに居た。

In your song (anata), I begin (waratte), to let her in.

君の歌を聞きながら、僕は君に降参していく。

A part of me, I thought was gone,

僕はふと、何も考えられなくなり、

Speaks to me now, from deep inside your song.

そして僕は気が付いてく、君の歌の奥底から。

The stirrings there, nadamete.

僕の心は激しく揺れる。nadamete.

Wakaranai, yamenaide.


And now I know, just why you’re here.

そしてやっと、僕は分かり始めた、君がなぜそこにいるのか。

The student’s ready, and the teacher has appeared.

愚かな僕はやっと大いなる君をうけ入れられる。

And I thank you, for giving in,

僕のところに来てくれてありがとう。

To your truth, and once again, I let her in.

もう一度誓って、I let her in.(僕は君のもの)